仙台市: 輪王寺

  宮城県:歴史・観光・見所仙台市・観光>輪王寺

概要・歴史・観光・見所
輪王寺(仙台市)概要: 金剛宝山輪王寺は宮城県仙台市青葉区北山1丁目に境内を構える曹洞宗の寺院です。輪王寺の創建は室町時代の嘉吉元年(1441)に、蘭庭明玉禅尼(伊達家第9代当主伊達政宗夫人)が願主となり伊達家11代当主伊達持宗が太菴梵守和尚を招いて開山したのが始まりとされています。当初、輪王寺は伊達家の本城である梁川城(福島県伊達市梁川町鶴ヶ岡)の城下町に境内を構えていましたが、代々伊達家の庇護があった為、天文元年(1532)に伊達稙宗が桑折西山城(福島県伊達郡桑折町)、天文年間(1532〜1555年)に伊達晴宗が米沢城(山形県米沢市)、天正19年(1581)に伊達政宗が岩出山城宮城県大崎市岩出山)に本城を遷す毎に随行しました。江戸時代に入り、伊達政宗が仙台城を築城し仙台開府後の慶長7年(1602)に輪王寺も現地へ移ってきました。その後、輪王寺は昌伝庵、泰心院松音寺と合わせ曹洞宗四大寺と呼ばれ、政宗から4代に渡って藩費によって堂宇が造営され、境内には多くの建物が造られました。明治4年(1871)、廃藩置県により仙台藩が廃藩になると庇護者を失った事で衰微し、さらに、明治9年(1876)に北山大火が発生し輪王寺もほとんどの建物が焼失しました。火災後、輪王寺は一時衰退しましたが明治36年(1903)に福定無外和尚が復興し大正4年(1915)に現在の本堂や庫裏を建築し、その後は庭園の整備などに力を注ぎました。

輪王寺山門は、元禄4年(1691)に4代藩主伊達綱村が造営し、明治9年(1876)の火災で唯一残された古建築物で、切妻、本瓦葺、三間一戸、八脚単層門で柱は総て丸柱を使用、江戸時代中期の寺院山門建築の遺構として貴重な事から昭和61年(1986)に仙台市指定有形文化財に指定されています。木造釈迦如来坐像は寛文4年(1664)に京都の仏師により彫刻されたもので昭和51年(1976)に仙台市指定有形文化財(彫刻)に指定されています。山号:金剛宝山。宗派:曹洞宗。祭神:釈迦如来。

輪王寺:写真

輪王寺
[ 付近地図:宮城県仙台市 ]・[ 仙台市:歴史 ]・[ 宮城県:寺院 ]
輪王寺 輪王寺 輪王寺 輪王寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。