宮城県:歴史・人物

  宮城県:歴史・観光・見所>歴史・人物

伊達宗村(准胝観音堂)
仙台藩の6代藩主で大凶作が発生し農民が困窮を訴えた際、逆鱗に触れ断罪しています。
伊達斉村(華足寺)
仙台藩の8代藩主で華足寺の馬頭観音堂や佐倍乃神社の本殿の造営しています。
伊達忠宗(感仙殿)
伊達政宗と陽徳院の長子で仙台藩の2代藩主、法度や検地など藩政の基礎を固めました。
伊達吉村(華足寺)
仙台藩の9代藩主で、幼少期に家督を継いだものの次々に難題が降りかっかています。
伊達綱宗(善応殿)
仙台藩の3代藩主で貞山堀の開削工事や江戸城の小石川堀の普請役を行っています。
伊達綱村
仙台藩の4代藩主で任期中に伊達騒動が勃発、後に専制政治を行い、反乱を招いています。
伊達慶邦(鳥屋神社)
仙台藩の13代藩主で戊辰戦争の際には奥羽越列藩同盟を画策し薩長軍に対抗しました。
伊達吉村(竹駒神社)
仙台藩の5代藩主で先代の放漫経営により逼迫した藩政の大改革を行っています。
石川宗弘(斗蔵寺観音堂)
角田要害の館主で仙台藩一門筆頭、角田領内の整備や仙台藩主の補佐を行っています。


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。