宮城県の御堂

宮城県:歴史・観光・見所(ホーム)>御堂

御堂(文化財):一覧表

御堂:一覧
名 称
種 別
建築年
構 造
所在地
備考
高蔵寺・阿弥陀堂・治承元年・木造平屋、宝形造、茅葺、桁行三間、張間三間、真壁造・角田市・国指
・松尾山・観音堂・江戸時代・宝形造、銅板葺、桁行三間、梁間三間、一間向拝、高欄・村田町・町指
・臨済院・弁財天堂・宝永年間・宝形造、銅板葺、桁行三間、梁間三間、一間向拝、浜縁・仙台市・市指
昌繁寺・観音堂・江戸後期・宝形造、銅板葺、桁行二間、梁間二間、一間向拝、真壁造・仙台市・市登
延寿院・地蔵堂・慶応2年・木造平屋、切妻、妻入、間口一間、梁間一間半、真壁造・仙台市・市登
西方寺・御廟貞能堂・昭和2年・平面六角形、銅板葺、一間唐破風向拝、棟梁:気仙大工・仙台市・国登
・善応寺・開山堂・元禄10年・木造平屋、宝形造、桟瓦葺、桁行二間、梁間二間、真壁造・仙台市・市指
・善入院・観音堂・江戸中期・宝形造、本瓦葺、桁行三間、梁間三間、一間向拝、浜縁・仙台市・市登
孝勝寺・釈迦堂・元禄8年・宝形造、銅板葺、桁行三間、梁間三間、一間向拝、花頭窓・仙台市・市登
陸奥国分寺・薬師堂・慶長12年・入母屋、本瓦葺、桁行五間、一間向拝、棟梁:駿河宗次郎・仙台市・国指
準胝観音堂・延享2年・宝形造、本瓦葺、桁行二間、梁間二間、一間向拝、浜縁・市登
・落合観音・観音堂・寛永4年・入母屋、茅葺、平入、桁行三間、梁間三間、三方浜縁高欄付・仙台市・県指
大満寺・虚空蔵堂・万治2年・宝形造、桟瓦葺、桁行三間、梁間三間、一間向拝、浜縁・仙台市・市指
西光寺・大滝不動堂・文政8年・宝形造、銅板葺、桁行三間、梁間三間、一間向拝、真壁造・仙台市・市登
・持福院・観音堂・江戸初期・宝形造、桟瓦葺、桁行三間、梁間三間、一間向拝、浜縁・石巻市・県指
・天雄寺・観音堂・明和3年・宝形造、鉄板葺、桁行三間、梁間三間、一間向拝、浜縁・石巻市・市指
・瀧泉院・観音堂・宝暦11年・入母屋、銅板葺、千鳥破風、平入、桁行三間、軒唐破風向拝・石巻市・市指
補陀寺・六角堂・宝暦12年・平面六角形、桟瓦葺、一辺2.69m、高8.26m、廻縁、高欄・気仙沼市・県指
華足寺・観音堂・天明6年・桁行三間、梁間三間、正面一間向拝、四方浜縁高欄付・登米市・市指
瑞巌寺五大堂・慶長9年・宝形造、本瓦葺、方三間、棟梁:鶴衛門家次・松島町・国指
三聖堂・三聖堂・天和2年・木造平屋建、宝形造、茅葺、桁行三間、一間向拝、浜縁・松島町・町指
箟峯寺・観音堂・嘉永4年・木造平屋、宝形造、桁行五間、梁間六間、三間軒唐破風向拝・涌谷町・県指
スポンサーサイト
[ 宮城県の温泉街(鳴子・遠刈田・作並) ]・[ 宮城県の温泉街(秋保・青根・東鳴子) ]・[ 宮城県日本三大(多賀城碑・竹駒神社・松島・多賀城) ]・[ 行基菩薩 ]・[ 松尾芭蕉 ]・[ 日本武尊 ]・[ 宮城県の伝統的・町並み(下戸沢宿・村田町・丸森町) ]・[ 延喜式内社 ]・[ 二重門・楼門・鐘楼門 ]・[ 随身門・神門・中門 ]・[ 茅葺(古民家・寺院・神社) ]・[ 宮城県の本殿 ]・[ 宮城県の拝殿 ]・[ 宮城県の本堂 ]・[ 宮城県の御堂 ]・[ 建築物(国宝・国指定重要文化財) ]・[ 建築物(県指定重要文化財) ]
※ 当ページは「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。リンクはフリーですが画像や文章等のコピーは行わないでください。