名取市: 旧中沢家住宅

  宮城県:歴史・観光・見所名取市:歴史・観光・見所>旧中沢家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧中沢家住宅(名取市)概要: 旧中沢家住宅は宮城県名取市手倉田字山に位置しています。案内板によると「中沢家は愛島塩手に近世初頭より移り住んだ旧家と伝えられるが、その由緒は明らかでない。住宅は構造手法からおよそ18世紀後半と推定され寄棟造、茅葺き、石場立て、外面は大壁、内部は田の字型で四面取りのいわゆる名取型と言われ、名取一帯にはかなり古くからみおられる特徴ある型式で、庭(土間)と座敷との間に仕切りがなく開放されていた。土間には三本の独立柱が建ち、1本は「なかうし梁」を支えるための「うしもち柱」と称されるものと他の二本は入口に近い方を「ほいと柱」、奥の方を「よめかくし柱」と呼んでいる。・・・(後略)名取市教育委員会」とあります。旧中沢家住宅は木造平屋建て、寄棟、茅葺、平入、桁行9間、張間5間、外壁は真壁造り鏝押え、床面積136u、江戸時代後期の農家建築の遺構として大変貴重な事から昭和49年(1974)に国重要文化財に指定され、昭和51年(1976)に現在地に移築保存されています。

旧中沢家住宅:写真

旧中沢家住宅
[ 付近地図:宮城県名取市 ]・[ 名取市:歴史 ]・[ 宮城県:古民家 ]
旧中沢家住宅 旧中沢家住宅 旧中沢家住宅 旧中沢家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。