青根温泉・歴史・観光・見所

  宮城県:歴史・観光・見所蔵王:歴史・観光・見所>青根温泉

概要・歴史・観光・見所
青根温泉概要: うなぎとかにの伝説によると三階滝の滝壺に住んでいた蟹が大きくなった為、より大きな不動滝の滝壺に移ろうとすると、そこの主である大鰻と争いが起きました。激闘の末大鰻は3つに分断され頭部が青根、腹部は峩々、下部は遠刈田に投げ捨てられそこから温泉が湧き出たと伝えられています。その為、青根温泉では頭、峩々温泉では胃腸、遠刈田温泉は足腰に効能があるそうです。歴史的は享禄元年(1528)、戦国時代に当地を治めた砂金氏の家臣佐藤掃部の息子である佐藤彦惣がアオヌキの木の下から源泉が湧き出ているのを発見し天文15年(1546)湯宿を設けたのが始まりとされます。慶長17年(1612)、佐藤家は仙台藩主伊達家より青根温泉の湯別当を仰せつかり東鳴子温泉宮城県大崎市)と共に藩主の御殿湯が設置され温泉街が整備されました。山本周五郎の小説「樅の木は残った」の舞台でもあり与謝野晶子夫妻や古河政男などの文人墨客なども数多く訪れています。源泉は「大湯」、「新湯」、「山の湯」、「蔵王の湯」、「不忘の湯」、「花房の湯」、「新名号の湯」の7つで公衆浴場である「じゃっぽの湯」の泉質は単純泉・低張性弱アルカリ性高温泉。泉温52度。効能は神経痛・筋肉痛・関節炎・五十肩・打ち身・くじき、など。

青根温泉・町並み:写真

青根温泉:町並み 青根温泉:町並み 青根温泉:町並み 青根温泉:町並み 青根温泉:町並み
青根温泉:町並み 青根温泉:町並み 青根温泉:町並み 青根温泉:町並み 青根温泉:町並み
青根温泉・観光・見所
古賀政男碑
古賀政男歌碑
古賀政男歌碑
青根洋館
青根洋館
青根洋館
停車場の湯
停車場の湯
停車場の湯
朝日の湯
朝日の湯
朝日の湯
青根御殿
青根御殿
青根御殿
名号湯
名号湯
名号湯
与謝野歌碑
与謝野晶子・寛歌碑
与謝野晶子寛碑
青根湯神社
青根湯神社
青根湯神社
八雲神社
八雲神社
八雲神社
青根観音堂
青根観音堂
青根観音堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。