蔵王: 峩々温泉

  宮城県:歴史・観光・見所蔵王:歴史・観光・見所>峩々温泉

概要・歴史・観光・見所
峩々温泉(蔵王)概要: うなぎとかにの伝説によると三階滝の滝壺に住んでいた蟹が大きくなった為、より大きな不動滝の滝壺に移ろうとすると、そこの主である大鰻と争いが起きました。激闘の末大鰻は3つに分断され頭部が青根、腹部は峩々、下部は遠刈田に投げ捨てられそこから温泉が湧き出たと伝えられています。その為、青根温泉では頭、峩々温泉では胃腸、遠刈田温泉は足腰に効能があるそうです。歴史的には嘉永年間(1848〜1853年)、猟師を営んでいた六治が獲物を追ってこの地までくると傷ついた鹿が温泉で傷を癒しているの見つけ源泉を発見したそうです。その後、地元住民から「鹿の湯」として利用されていましたが、明治2年(1869)蔵王山の硫黄採掘任された竹内時保が改めて発見し明治9年(1876)に湯宿を設けました。

峩々温泉の泉質:ナトリウム・カルシウム・炭酸水素塩・硫酸塩泉(源泉温度 58.1℃)
峩々温泉の効能:胃腸病・リウマチ・肝臓疾患・その他消化器系疾患・痛風、動脈硬化症など

峩々温泉:写真

峩々温泉・歴史・観光・見所
[ 付近地図: 宮城県川崎町 ]・[ 川崎町:歴史・観光・見所 ]
峩々温泉 峩々温泉 峩々温泉 峩々温泉


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。