登米市: 旧亘理邸

  宮城県:歴史・観光・見所登米市:歴史・観光・見所>旧亘理邸

概要・歴史・観光・見所
旧亘理邸(登米市)概要: 旧亘理邸は亘理伊達家9代目隆胤が住んだ宅邸で「古鹿山房」と称されていました。明治維新後、佐沼城(要害)は廃城となり隆胤は館主を退いて主に文筆活動をしていたとされ、ここで多くの作品が生まれました。建物は木造平屋建、寄棟、茅葺、外壁は大壁造り鏝押え、腰壁は下見板張りの素朴のものですが、玄関廻りや座敷、中庭などに当時の大身の暮らしぶりが見とれます。現在は民具展示館(歴史博物館)として当地方に伝わる民具が展示され内部も一般公開されています。

旧亘理邸:写真

亘理邸
[ 付近地図: 宮城県登米市 ]・[ 登米市:歴史 ]・[ 宮城県:古民家 ]
旧亘理邸 旧亘理邸 旧亘理邸 旧亘理邸


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。