石巻市: 観慶丸商店(かんけい丸)

  宮城県:歴史・観光・見所石巻市観光>観慶丸商店(かんけい丸)

概要・歴史・観光・見所
観慶丸商店(かんけい丸)概要: 現在の「かんけい丸」の店舗は観慶丸本店だった建物です。観慶丸商店の創業は江戸時代後期の天保年間(1831〜1845年)で初代の須田幸助は当初千石船の船頭でしたが次第に陶器を扱う商人となっていきました。その後は様々な商品を手掛けるようになり豪商として発展し、昭和5年(1930)に石巻初となる百貨店(この建物)を建てました。その後、本店が別の場所へ移った為、縁者が「かんけい丸」という別会社を設立し現在に至っています。

この建物は写真からは解りづらいですが木造3階建てで本業である陶器をイメージした為か、外壁一面が様々な種類のタイルで覆われています。その重厚感、存在感は他ではなかなかお目にかかれない作品となっています。角地へ建っている為、そこに面する角を曲線で加工し、ファンライトと呼ばれる半円形の欄間や丸窓、縦長の上げ下げ窓など洋風建築の要素をふんだんに取り入れています。梁や柱は外壁面より前に出しタイルの調子を変え、一見コンクリート造に見せている工夫も見られます。文化財登録はされていないようですが、大変貴重な文化遺産だと思います。

観慶丸商店(かんけい丸):写真

観慶丸商店
[ 付近地図:宮城県石巻市 ]・[ 石巻市:歴史 ]・[ 宮城県:洋館 ]
観慶丸商店 観慶丸商店 観慶丸商店 観慶丸商店


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。