松島町: 瑞巌寺

  宮城県:歴史・観光・見所松島町・観光>瑞巌寺

概要・歴史・観光・見所
瑞巌寺(松島町)概要: 瑞巌寺の創建は平安時代の天長5年(828)に淳和天皇の詔勅により第3代天台座主慈覚大師円仁が延福寺として開山された寺院です。当初は天台宗で延福寺と称し比叡山延暦寺(滋賀県大津市坂本)と肩を並べる大寺院だったそうです。一時荒廃しましたが平泉(岩手県平泉町)を本拠とする奥州藤原氏が庇護し諸堂の造営や法華経10万部など奉納し文治2年(1186)には藤原頼平が広大な寺領を寄進しています(一説には栗原郡全域とされますが広大すぎ、藤原頼平も実在しているのかは不詳)。文治5年(1189)頃になると藤原氏を見限り源氏方に与したと見られ、藤原氏に囲われた源義経を追討する源頼朝の為に義経を呪詛したと伝えられています。鎌倉時代に入ると北条政子の庇護を得て、源頼朝の菩提を弔わせ住職である見仏上人に仏舎利を寄進しています。その後衰退しましたが、鎌倉時代中期(13世紀中頃)に鎌倉幕府第5代執権北条時頼が法身性西和尚を擁して中興開山し宗派を禅宗に改め寺号を円福寺と改名しています。円福寺となっての2世は建長寺(神奈川県鎌倉市)を開いた蘭渓道隆で、引き続き幕府の庇護を得て関東御祈祷所に選定され、室町時代には五山十刹制度の諸山にも列する程にもなりました。戦国時代の兵火などで衰微したものの、近世に入ると瑞巌寺は伊達家の菩提寺となり、仙台藩初代藩主である政宗が奥羽屈指の大寺院を建立しました。瑞巌寺の建設には諸国から130人以上の名工を集め約5年間という期間をかけ桃山建築の粋を尽くした建物とされました。一方、瑞巌寺の境内全域は砦として機能するように計画され、仙台城(宮城県仙台市)が落とされた後は瑞巌寺に立て籠もり指揮する手筈だったそうです。瑞巌寺は末寺110余の末寺を擁するなど寺運が隆盛し、江戸時代中期には俳聖松尾芭蕉も参拝に訪れています。現在も瑞巌寺の境内には当時の建物が残り本堂と庫裏は国宝、御成門、太鼓塀、中門は国重要文化財、総門は宮城県指定重要文化財にそれぞれ指定されています。

瑞巌寺の文化財
・ 本堂-慶長14年-木造平屋建、入母屋、本瓦葺、書院造-国宝
・ 庫裏及び廊下-慶長14年-木造平屋建、切妻、本瓦葺-国宝
・ 御成門(附太鼓塀2棟)-江戸-入母屋、本瓦葺、薬医門-国指定重要文化財
・ 中門(附太鼓塀2棟)-慶長14年-切妻、こけら葺、四脚門-国指定重要文化財
五大堂-慶長9年-宝形造、本瓦葺、方三間、1間向拝付-国指定重要文化財
・ 本堂障壁画161面-元和6年から8年-仙台藩お抱え絵師作-国指定重要文化財
・ 奥州御島頼賢碑-徳治2年(1307)-高さ335cm-国指定重要文化財
・ 木造五大明王像-平安時代-ケヤキ材、一木造、像高64〜92p-国重文
・総門 -慶長年間-切妻、本瓦葺き、薬医門-宮城県指定文化財
・ 仏涅槃図-室町中期-絹本著色、縦227cm、横183cm-宮城県指定文化財
・ 釈迦説法図-室町-絹本著色、縦159.8cm、横113cm-宮城県指定文化財
・ 脇差-大和守安定、弟子安次、安倫の合作刀-宮城県指定文化財
・ 梵鐘-明暦3年-青銅製、総長135.7cm、径66.lcm、龍頭高27cm-宮城県指定
・ 銅鐘-慶長13年-青銅製、総長168cm、径99.9cm、龍頭高27.4cm-宮城県指定
・ 木造伊達政宗倚像-承応元年-像高124cm、台座高48.5cm宮城県指定文化財
・ 臥竜梅-慶長14年植樹の後継-紅梅・白梅-宮城県指定天然記念物
・ 松島町指定文化財多数所有

瑞巌寺:写真

瑞巌寺
[ 付近地図:宮城県松島町 ]・[ 松島町:歴史 ]・[ 宮城県:寺院 ]
瑞巌寺 瑞巌寺 瑞巌寺 瑞巌寺
瑞巌寺 瑞巌寺 瑞巌寺 瑞巌寺
瑞巌寺 瑞巌寺 瑞巌寺 瑞巌寺

スポンサーサイト

瑞巌寺(松島町)周辺・観光
瑞巌寺 五大堂
圓通院 陽徳院
天麟院 三聖堂
日吉山王神社 観瀾亭
水主衆民家 いぶき
金翅塔 達磨堂

宮城県:国宝・国指定重要文化財
大崎八幡宮 瑞巌寺
五大堂 陸奥国分寺
高蔵寺阿弥陀堂 仙台東照宮
旧佐藤家住宅 洞口家住宅
旧中澤家住宅 旧登米尋常小学校
圓通院霊屋 塩釜神社

スポンサーサイト


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。