角田市: 旧佐藤家住宅

  宮城県:歴史・観光・見所角田市・観光>旧佐藤家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧佐藤家住宅(角田市)概要: 旧佐藤家住宅は宮城県角田市高倉寺前に位置しています。案内板によると「この住宅は、江戸時代(18世紀中期〜後期)に建てられた旧仙台領内の中規模農家の典型的な建物で、間口15m、奥行き8mの直屋(すごや)様式をとっている。屋根は、寄棟造りの茅葺で、東北の農家らしく重々しい。佐藤家の由緒については、古記録、史伝記等もなく明らかではないが、「車屋」も屋号を持ち、庄屋をつとめ、古来修験者が住んでいたところと言い伝えられている。この頃の農家の基本的な間取りの1つである広間型三間取りの単純な構成で、土間が全体の4割を占め、天井は煙り出しのためと藩の禁止令により設けられず、太い荒削りの柱は鳥居建てという古式の構造で、木材の曲がりを巧妙に利用している。間取りは、長方形の建物を梁間に4分6分に区別し、右4分は土間一室、左6分は三室の居室部となり、居室部はさらにいろりを構えた「ひろま」と奥に「なんど」と「なかま」二室を構えた変形間取りで、この地方の直屋の基本的な建て方である。・・・(後略) 角田市教育委員会 」とあります。旧佐藤家住宅は江戸時代中期に建てられた大型農家建築の遺構として貴重な事から昭和46年(1971)に国重要文化財に指定され昭和47年(1972)に高倉寺の境内である現在地に移築保存されています。

旧佐藤家住宅:写真

旧佐藤家住宅
[ 付近地図:宮城県角田市 ]・[ 角田市:歴史 ]・[ 宮城県:古民家 ]
旧佐藤家住宅 旧佐藤家住宅 旧佐藤家住宅 旧佐藤家住宅

スポンサーサイト

旧佐藤家住宅(角田市)周辺・観光
高蔵寺(阿弥陀堂) 旧佐藤家住宅
八幡神社 長泉寺
角田城(要害) 諏訪神社
天神社 斗蔵寺
斗蔵神社 旧氏丈邸
熱日高彦神社

宮城県:国宝・国指定重要文化財
大崎八幡宮 瑞巌寺
五大堂 陸奥国分寺
高蔵寺阿弥陀堂 仙台東照宮
旧佐藤家住宅 洞口家住宅
旧中澤家住宅 旧登米尋常小学校
圓通院霊屋 塩釜神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。