角田市: 高蔵寺(阿弥陀堂)

  宮城県:歴史・観光・見所角田市・観光>高蔵寺(阿弥陀堂)
角田市・観光
 ・ 高蔵寺(阿弥陀堂)
 ・ 旧佐藤家住宅
 ・ 八幡神社
 ・ 長泉寺
 ・ 角田城(要害)
 ・ 諏訪神社
 ・ 天神社
 ・ 斗蔵寺
 ・ 斗蔵神社
 ・ 旧氏丈邸
 ・ 熱日高彦神社
 ・ 
宮城県国宝
 ・ 大崎八幡宮
 ・ 瑞巌寺
 ・ 
国指定文化財
 ・ 五大堂
 ・ 陸奥国分寺
 ・ 高蔵寺阿弥陀堂
 ・ 仙台東照宮
 ・ 旧佐藤家住宅
 ・ 洞口家住宅
 ・ 旧中澤家住宅
 ・ 旧登米尋常小学校
 ・ 圓通院霊屋
 ・ 塩釜神社
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
角田市・観光・歴史・名所
高蔵寺(阿弥陀堂)概要: 高蔵寺は案内図によると「高蔵寺の創建は古く平安時代の初期、弘仁10年(819)南部の僧徳一によって開山されたと伝えられ、、嵯峨天皇の筆によるといわれる「高蔵寺」の額が秘蔵されている。高蔵寺阿弥陀堂(国指定重要文化財)は、治承元年(1177)、藤原秀衡・妻などによって建立されたものであり、本県最古の木造建築である。御堂は阿弥陀堂のため東面して建てられ、間口、奥行とも9.3mの正四方形(宝形造)で、太い円柱に支えられた構造はいかにも簡素で力強い。宇治平等院鳳凰堂等ととに日本最古の七阿弥陀堂のひとつに数えられる。東北には平泉中尊寺金色堂岩手県平泉町)、いわき白水阿弥陀堂福島県いわき市)があり、古代平安文化の香りをいまもとどめている。阿弥陀如来は西方極楽の教主で、本尊は平安末期の作とされ御堂建立の翌年安置されたと推定されている。丈六の坐像は、像高2.7mの寄木造りその総高は5.14メートルmの堂々たる漆塗りの尊像で、舟底形の天井につかえるばかりの大きな透かし彫りの飛雲光背を背にして、床の上に直接すえられた蓮華座に安置されている。茅葺の郷村風の簡素な御堂によく調和している。」とあります。
  スポンサーリンク
 
高蔵寺(阿弥陀堂)
高蔵寺
[ 付近地図: 宮城県角田市 ]・[ 角田市:歴史・観光・見所 ]・[ 宮城県:寺院 ]
高蔵寺 高蔵寺< 高蔵寺 高蔵寺
宮城県:歴史・観光・見所(ホーム)

宮城県町並み・歴史建築見所ナビ: 
|大崎市:古川| 大崎市:岩出山| 大崎市:松山| 栗原市:築館| 栗原市:金成| 仙台市| 白石市| 角田市| 刈田郡七ヶ宿町| 柴田郡柴田町| 松島町観光|
|村田町| 大河原町| 登米市| 登米町| 丸森町| 気仙沼市| 岩沼市| 石巻市| 亘理町| 涌谷町| 多賀城市| 名取市| 古民家住宅|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。