松島町: いぶき(柏慎)

  宮城県:歴史・観光・見所松島町・観光>いぶき(柏慎)

概要・歴史・観光・見所
いぶき(柏慎)概要: 案内板によると「ひのき科の常緑小高木。いぶきは和名。幹の周囲は1.8m、高さ3m、枝は東西7.6m、南北9mほどに広がっている。樹齢700年以上と推定され、臨済宗円福寺時代から今に伝わる名残りの樹木と言える。いぶきは、禅問答で取りあげられることから禅寺に好んで植えられる。瑞巌寺の前身円福寺の姉妹寺である鎌倉建長寺の境内には、開山大覚禅師蘭渓道隆が手植した巨木がある。 松島町教育委員会」とあります。いぶき(柏慎)は貴重な事から昭和45年(1970)に松島町指定天然記念物に指定されています。

いぶき(柏慎):写真

いぶき
[ 付近地図: 宮城県松島町 ]・[ 松島町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。