登米市 :華足寺

  宮城県:歴史・観光・見所登米市・観光>華足寺
登米市・観光
 ・ 佐沼城
 ・ 旧亘理邸
 ・ 亘理家廟所
 ・ 津田家廟所
 ・ 津島神社
 ・ 松栄寺
 ・ 御陣場山
 ・ 興福寺
 ・ 上沼八幡神社
 ・ 華足寺
 ・ 昌学寺
 ・ 遠流志別石神社
 ・ 不老仙館
 ・ 四方子館
 ・ 弥勒寺
 ・ 横山不動尊
 ・ 
宮城県国宝
 ・ 大崎八幡宮
 ・ 瑞巌寺
 ・ 
国指定文化財
 ・ 五大堂
 ・ 陸奥国分寺
 ・ 高蔵寺阿弥陀堂
 ・ 仙台東照宮
 ・ 旧佐藤家住宅
 ・ 洞口家住宅
 ・ 旧中澤家住宅
 ・ 旧登米尋常小学校
 ・ 圓通院霊屋
 ・ 塩釜神社
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・観光・歴史・名所

華足寺(登米市)概要: 竹峰山大悲院華足寺の創建は大同2年(807)、坂上田村麻呂が東夷東征で当地を訪れた際、度重なる戦乱で大きな犠牲を出した事から、戦没者の霊と戦死した愛馬(郷黒)を慰める為に馬頭観音(馬頭明王)を勧請し、愛馬を埋めた塚の上に御堂を造営したのが始まりとされます。馬頭観音を本尊として祭る寺院としては日本最古とされ、以来、牛馬の守護神としてそれらに従事する者や関係者から信仰の対象となり奥州七観音の1つにも数えられました(現在は畜産業者や競馬関係者などから信仰され、ペット供養などが行われています)。歴代領主からも帰依され、平安時代には奥州藤原家が庇護、大永4年(1524)には葛西晴重が奥之院を寄進、江戸時代には入ると仙台藩(宮城県仙台市:本城−仙台城)から「御召出」の格式を得て、寛文元年(1661)には4代藩主伊達綱村から寺領773文(約8石)が寄進、天明6年(1787)には8代藩主伊達斉村が馬頭観音堂を寄進、寛政11年(1799)には9代藩主伊達周宗が山門(楼門)を寄進しています。境内全域は風致に富み歴史的にも貴重な事から昭和54年(1979)に宮城県自然環境保全地域に指定されています。奥州三十三観音霊場15番札所。宗派:真言宗智山派。本尊:馬頭観世音菩薩。

華足寺馬頭観音堂概要: 華足寺馬頭観音堂は案内板によると「当山は征夷代将軍坂上田村麻呂が大同2年(807)敵、味方の戦争犠牲者の迷魂を鎮撫する為に建立されました。本尊は馬頭観世音でございます。動物燐憫の守護仏です。馬の霊場としては日本最古と伝えられています。古には三十数ヶ寺の末寺を有した名刹で興亡衰盛は一再ではなく戦国時代元亀元年正月戦禍により一山灰塵に帰すと言った如き不慮の祝融が其の後二度程破ったと記録されている現在の本堂は八代藩主伊達斉村公の寄進に依り天明6年(1787年)に再建されました重厚にして壮厳美豊かな芸術的建築物として有名広く賞賛されて居ります。」とあります。華足寺観音堂は平成元年(1988)に登米市(旧東和町)指定文化財に指定されています。

華足寺客殿概要: 華足寺客殿は案内板によると「この客殿は木造平屋建桁行八間、梁行五間、屋根は入母屋造り、色瓦葺(もと茅葺)、石場建、玄関の間口は二間、奥行は五尺ほどある。建築年代は不明であるが山門や庫裏よりも古い年代のものと思われる。特徴としては現在は畳が敷いてあるが濡縁を配置してある。濡縁の端にある戸溝が三本ある。玄関の位置が正面ではなく端に設けてある。又、床面の向きが通常のものとは逆向きとなっている。天井が竿天井であること、近隣では見られない欄間の造りとなっていることなどがあげられる。江戸中期、18世紀初頭を降らない密教系の本格的客殿遺構であり当時の建築様式を知る上でも貴重な遺構例である。」とあります。華足寺客殿は平成4年(1991)に宮城県有形文化財に指定されています。

華足寺山門概要: 華足寺山門(楼門)は案内板によると「華足寺の山門は、寛政11年(1799年)伊達9代藩主周宗公の祈願によって作られ2百年近くの歳月を経ている。屋根は前に数回修理され更に昭和51年に全部ふき替えしたがその他はもとのままの姿であり、棟の魔除けの龍は対になっている。又、右には増長天、左には多聞天の四天王二神を祀り、二階には十二支の守り本尊八神像を安置している。上層、下層とも瓦葺屋根であること、上層、下層の間口、奥行の差が大きいことなど通常の山門の印象とは異なり奇抜な意匠といえる。」とあります。華足寺山門は平成4年(1991)に宮城県有形文化財に指定されています。

華足寺
華足寺
[ 付近地図: 宮城県登米市 ]・[ 登米市:歴史・観光・見所 ]・[ 宮城県:寺院 ]
華足寺 華足寺 華足寺 華足寺
宮城県:歴史・観光・見所(ホーム)

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。