仙台東照宮:石鳥居

宮城県の町並みと歴史建築宮城県仙台市観光仙台東照宮>石鳥居
写真
仙台東照宮は承応3年に仙台藩2代藩主伊達忠宗が創建した神社で、社殿の多くが国指定重要文化財に指定されています。
スポンサードリンク

写真1 写真2 写真3 写真4 写真5 写真6 写真7 写真8 写真9

仙台東照宮石鳥居概要: 仙台東照宮石鳥居は案内板によると「伊達忠宗公の奉献によるもので、明神鳥居形式の美しい形態の鳥居である。鳥居の主な部材は花崗岩で、忠宗公夫人振姫の郷里備前国大島から運搬し建造されたものである。・・・(中略)・・・約2mの角、厚さ60cmの安山岩の一枚基盤の上に東西約2m、南北約2.5m、厚さ約90pの安山岩の根溺み石で左右の柱が固定された堅固な構造になっている。

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。