気仙沼市本吉町: 峰仙寺

  宮城県:歴史・観光・見所気仙沼市>峰仙寺

概要・歴史・観光・見所
峰仙寺(本吉町)概要: 白雲山峰仙寺は宮城県気仙沼市本吉町津谷舘岡に境内を構える曹洞宗の寺院です。峰仙寺の創建は南北朝時の天平9年(1354)に葛西氏の家臣である米倉持村が開基したのが始まりとされ、歴代米倉氏の菩提寺となっています。多くの寺宝があり「釈迦十六善神像図」は室町時代後期の天文8年(1539)頃に4世陽山が京都で入手したと伝わるもので、絹本著色、丈126.1cm、幅61.4p、室町期仏教絵画の特色を良く伝えている貴重なものとして宮城県指定文化財に指定されています。「仏涅槃図」は「釈迦十六善神像図」と同様に文8年(1539)頃に4世陽山が京都で入手したと伝わるもので、絹本著色、縦189.7cm、幅150.3p、宮城県指定有形文化財に指定されています。木造釈迦牟尼佛坐像は本吉町指定有形文化財に指定されています。山門は楼門形式の三間一戸の8脚門で入母屋、本瓦葺の屋根で構成、木組みや蟇股などの彫刻を施され、2層部では高欄が四周を囲み花頭窓など禅宗様式も見られ正面には「白雲山」の山号額が掲げられています。総門は切妻、桟瓦葺き、一間一戸、四脚門形式。本堂は木造平屋建て、寄棟、銅板葺き、平入、桁行6間、正面唐破風向拝付き、外壁は真壁づくり白漆喰仕上げ。山号:白雲山。宗派:曹洞宗。

峰仙寺:写真

峰仙寺
[ 付近地図:宮城県本吉町 ]・[ 本吉町:歴史 ]・[ 宮城県:寺院 ]
峰仙寺 峰仙寺 峰仙寺 峰仙寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。