柴田町: 雨乞のイチョウ

  宮城県:歴史・観光・見所柴田郡柴田町:歴史・観光・見所>雨乞のイチョウ

概要・歴史・観光・見所
雨乞のイチョウ(柴田町)概要: 雨乞のイチョウは愛宕山(標高:293m)の雨乞イチョウ中腹(宮城県柴田町大字入間田字雨乞)に位置している大木で、推定樹齢600年、樹高31m、幹回11m、枝張り東14m、西12m、南11m、北13m、雄株です。案内板には「乳柱の発達が著しく、長さ4m直径50pに達するものをはじめ、16本の乳柱を数える。樹勢が旺盛で樹容も美しく、イチョウの巨樹として全国屈指のものである。 柴田町教育委員会 」とあります。根本から湧き出る清水は気候変動に左右されず湧き続け、生命力溢れるイチョウの姿から古くから信仰の対象となり、日照りが続いた際には雨乞いの祈祷が行われ、地名の「雨乞(あまご)」の由来にもなっています。雨乞のイチョウは大変貴重な事から昭和43年(1968)に国天然記念物(植物)に指定されています。

雨乞のイチョウ:写真

雨乞イチョウ
[ 付近地図: 宮城県柴田郡柴田町 ]・[ 柴田郡柴田町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。