気仙沼市: 観音寺

  宮城県:歴史・観光・見所気仙沼市・観光>観音寺
気仙沼市・観光
 ・ 補陀寺
 ・ 観音寺
 ・ 宝鏡寺
 ・ 平八幡神社
 ・ 羽黒神社
 ・ 五十鈴神社
 ・ 男山本店
 ・ 角星店舗
 ・ 管弦窟
 ・ 神明崎浮見堂
 ・ 気仙沼御会所
 ・ 
宮城県国宝
 ・ 大崎八幡宮
 ・ 瑞巌寺
 ・ 
国指定文化財
 ・ 五大堂
 ・ 陸奥国分寺
 ・ 高蔵寺阿弥陀堂
 ・ 仙台東照宮
 ・ 旧佐藤家住宅
 ・ 洞口家住宅
 ・ 旧中澤家住宅
 ・ 旧登米尋常小学校
 ・ 圓通院霊屋
 ・ 塩釜神社
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
気仙沼市・観光・歴史・名所
観音寺概要: 観音寺の創建は和銅年間(708〜14)に藤原宇合が蝦夷を鎮圧しその首を祀ったのが始まりとされます。嘉祥3年(850)に慈覚大師が堂宇を整備して観音寺と寺号を改めます。比叡山延暦寺の末寺として全国の七寺しかない「不滅の法灯」を受け継いでいて山形県立石寺岩手県平泉中尊寺と同様に東北三灯の1つとされています。境内の観音堂にある厨子は案内板によると「この厨子は、観音堂内にある。観音堂は享保8年(1723)5代藩主伊達吉村公が、当地方巡視の際、本吉一郡の寄付を許し建築させたといわれる。厨子は縦(最長部)150p、横(最長部)226p、高さ228pの欅の素木造で平面凸字形をなし、前仏の部が突出し、その奥に密仏、その左右に脇仏と各々観音像を納める。前仏の部は入母屋造、こけら葺で、軒唐破風をつけ、軒に二軒で軒唐破風もしれに応じて二室にしているのは珍しい。懸魚、獅子、龍身及び波形尾垂木など、繊細で奇巧を極め、黒漆を主調に朱色金色など取りまぜ、まことに華麗に彩色されている。京都の仏師の作といわれている。 気仙沼市教育委員会」とあります。観音寺観音堂厨子は昭和44年に宮城県指定有形文化財に指定されています。
  スポンサーリンク
 
観音寺
観音寺
[ 付近地図: 宮城県気仙沼市 ]・[ 気仙沼市:歴史・観光・見所 ]・[ 宮城県: 寺院 ]
観音寺 観音寺 観音寺 観音寺
宮城県:歴史・観光・見所(ホーム)

宮城県町並み・歴史建築見所ナビ: 
|大崎市:古川| 大崎市:岩出山| 大崎市:松山| 栗原市:築館| 栗原市:金成| 仙台市| 白石市| 角田市| 刈田郡七ヶ宿町| 柴田郡柴田町| 松島町観光|
|村田町| 大河原町| 登米市| 登米町| 丸森町| 気仙沼市| 岩沼市| 石巻市| 亘理町| 涌谷町| 多賀城市| 名取市| 古民家住宅|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。