気仙沼市: 補陀寺(六角堂)

  宮城県:歴史・観光・見所気仙沼市・観光>補陀寺(六角堂)

概要・歴史・観光・見所
補陀寺(六角堂)概要: 白華山宮城県気仙沼市古町2丁目に境内を構える曹洞宗の寺院です。補陀寺の創建は不詳ですが、伝承によると寛永2年(890)に開かれたのが始まりと伝えられています。奥州藤原氏の庇護になっていたようで、文治5年(1189)に発生した奥州合戦で藤原氏が滅ぶと衰微しました。当初は天台宗の寺院で、補陀落寺と号していましたが、室町時代の文亀元年(1501)に当地の領主である熊谷直元が虚窓良巴禅師を招き曹洞宗に改宗し寺号を「補陀寺」に改め、天文3年(1534)周庵文懊和尚(宝亀寺6世)により赤坂小沢田から現在地に境内を移し中興開山しています。

補陀寺六角堂は案内板によると「堂は平面六角形で八角堂を通例とする和様円堂としては極めて珍しい。用材は主として杉で1辺(角)の長さは2.69m高さは地盤から宝珠上端まで8.26mである。外側には幅93pの勾欄付廻縁があり、取付には床束を用いず柱から押肘木をもってけているところに特徴がある。屋根は六角錘形で瓦葺(もとはこけら葺や銅板葺)である。外部は朱塗、板壁と扉に白胡粉塗りの1部がある。天井は板張りで竜の墨絵が描かれている。堂内に須弥壇と入母屋造で千鳥破風、軒唐破風をつけたこけら葺の家形厨子がある。厨子内には恵心僧都と伝える如意論観音像を安置する。堂の建立は宝暦12年(1762)で、大工は三日町瀬左ェ門、享和2年(1802)と昭和22年修理が施され、さらに昭和56年に屋根瓦の1部葺替え、腐朽箇所復元勾欄部復元及び内外部全面塗復元工事を実施した。 宮城県教育委員会」とあります。補陀寺六角堂は昭和44年(1969)に宮城県指定有形文化財に指定されています。境内に生える樅の大木は推定樹齢500年、樹高28m、幹周4.73m、市内を代表する古木として貴重な事から気仙沼市指定天然記念物に指定されています。

奥州三十三番観音霊場第30番札所(札所本尊:如意輪観世音菩薩・御詠歌:あつまぢや かかれるつみと ふたらくの てらいにすめる 月よこころよ)。山号:白華山。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦牟尼仏。

補陀寺(六角堂):写真

補陀寺
[ 付近地図:宮城県気仙沼市 ]・[ 気仙沼市:歴史 ]・[ 宮城県: 寺院 ]
補陀寺 補陀寺 補陀寺 補陀寺

スポンサーサイト

補陀寺(気仙沼市)周辺・観光
補陀寺 観音寺
宝鏡寺 平八幡神社
羽黒神社 五十鈴神社
男山本店 角星店舗
管弦窟 神明崎浮見堂
気仙沼御会所 峰仙寺

スポンサーサイト


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。