村田町: 旧田山家住宅

  宮城県:歴史・観光・見所柴田郡村田町・観光>旧田山家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧田山家住宅(村田町)概要: 旧田山家住宅は元武家屋敷で、江戸時代末期の慶応2年(1866)に書かれた「居屋敷並び家中屋敷絵図面」で「鳥羽善右衛門屋敷ニ佐藤理作」とあり、江戸時代までは鳥羽氏が住んでいたと考えられます。明治38年(1905)に田山家の所有となり、平成6年(1994)に町へ寄贈するまで続きます。主屋は木造平屋建て、寄棟、鉄板葺き、平入の建物で、屋根の形状から、元々は萱葺だったと思われます。屋敷内に設けられている土蔵は、土蔵造り2階建て、切妻、桟瓦葺き、置き屋根、外壁は白漆喰仕上げ、1階の外壁は板張り覆い。主屋の建築年は江戸時代後期、土蔵は大正時代と考えられ、村田城(所)の城下に残る唯一の武家屋敷として貴重な存在と言えます。旧田山家住宅は平成6年(1994)に村田町指定文化財に指定されています。

旧田山家住宅:写真

旧田山家住宅
[ 付近地図: 宮城県柴田郡村田町 ]・[ 柴田郡村田町:歴史・観光・見所 ]
旧田山家住宅 旧田山家住宅 旧田山家住宅 旧田山家住宅

スポンサーサイト

旧田山家住宅(村田町)周辺・観光
願勝寺 龍島院
白鳥神社 旧田山家住宅
六角地蔵 村田城跡
旧八巻家住宅 不動尊
姥ヶ懐集落


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。