栗原市金成: 日枝神社

  宮城県:歴史・観光・見所栗原市金成観光>日枝神社

概要・歴史・観光・見所
日枝神社(栗原市金成)概要: 日枝神社は宮城県栗原市金成中町に鎮座している神社です。日枝神社の創建は奈良時代の天平18年(746)に勧請されたのが始まりで、平安時代末期の貴族・儒学者である清原業隆が当地に遷座したと伝えられています。元々は山王神社と称されていたそうでが、後に日枝神社に社号を改めています。街道から参道が延びていてかなり奥まった所に鎮座していて、拝殿は、木造平屋建て、入母屋、銅板葺、正面千鳥破風、桁行3間、張間2間、正面1間軒唐破風向拝付、千鳥破風や唐破風が付くなど豪華な造りで、蟇股や虹梁、木鼻などかなり細かく彫刻されている事から江戸時代後期以降の建物だと思われます。普段は見ることが出来ませんが、拝殿内部の天井は格天井になっていて様々な絵が描かれているそうです。本殿は三間社入母屋造、銅板葺きの建物で、外壁は真壁造り板張り、朱色に彩色されているのが目に付きます。建築年は不詳ですが、彩色や彫刻から桃山文化の影響を強く受けた江戸時代初期に造営された建物と言えます。日枝神社社殿は江戸時代の遺構として貴重な事から昭和60年(1985)に宮城県指定文化財に指定されています。祭神:大山咋命。

日枝神社:写真

日枝神社
[ 付近地図: 宮城県栗原市金成 ]・[ 栗原市金成:歴史・観光・見所 ]
日枝神社 日枝神社 日枝神社 日枝神社

スポンサーサイト

日枝神社(栗原市)周辺・観光
有壁宿町並み 有壁宿本陣
旧金成小学校校舎 日枝神社
旧金成代官所跡 ハリストス正教会

スポンサーサイト


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。