大河原町: 嶋館神社

  宮城県:歴史・観光・見所柴田郡大河原町:歴史・観光・見所>嶋館神社

概要・歴史・観光・見所
嶋館神社(大河原町)概要: 嶋館神社は宮城県柴田郡大河原町字千塚前に鎮座している神社で、案内板によると「江戸時代、嶋館神社は大河原村の村鎮守であり、戦前は大河原町の村社であった。創建年代は不明であるが、同社に残る額により文永11年(1274)以前にさかのぼることができる。祭神は保食神、猿田彦神、大宮女神と農業神である。本殿の建つ丘は前方後円墳の後円部で、前方部には祗園社が祀られている。この古墳は5〜6世紀に築造されたもので、当時この地方を支配していた豪族の墓と思われる。規模は長軸35m、後円部径20m、前方部幅16m、高さ5m、周溝の存在は不明である。」とあります。正一位 稲生大明神と言われ、明治41年(1908)に雷神社、山神社、水神社、熊野神社を合祀しています。古くから神仏習合していましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され、明治5年(1872)に村社に列し、大正7年(1918)に神饌幣帛料供進神社に指定されています。現在の嶋館神社拝殿は昭和50年(1975)に改築されたもので、木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、桁行6間、正面1間向拝付き。本殿は一間社流造、銅板葺き。祭神:保食神、猿田彦神、大宮女神。

嶋館神社:写真

嶋館神社
[ 付近地図: 宮城県柴田郡大河原町 ]・[ 大河原町:歴史・観光・見所 ]
嶋館神社 嶋館神社 嶋館神社 嶋館神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。