栗原市築館: 志波姫神社

  宮城県:歴史・観光・見所栗原市築館観光>志波姫神社
栗原市築館・観光
 ・ 妙教寺
 ・ 双林寺(杉薬師)
 ・ 志波姫神社
 ・ 白山神社
 ・ 和我神社
 ・ 
宮城県国宝
 ・ 大崎八幡宮
 ・ 瑞巌寺
 ・ 
国指定文化財
 ・ 五大堂
 ・ 陸奥国分寺
 ・ 高蔵寺阿弥陀堂
 ・ 仙台東照宮
 ・ 旧佐藤家住宅
 ・ 洞口家住宅
 ・ 旧中澤家住宅
 ・ 旧登米尋常小学校
 ・ 圓通院霊屋
 ・ 塩釜神社
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
栗原市築館・観光・歴史・名所
志波姫神社概要: 志波姫神社は案内板によると「志波姫神社は、木花開耶姫命を祀る延喜式神明帳栗原7座の内の大社にして、人皇第45代聖武天皇の神亀天平年間の創建といわれ、延暦年間(796〜801)に坂上田村麻呂東征の際、武運長久と五穀豊饒を祈願したと伝えられる。社はもと伊豆野権現社と稱し、築館の町裏玄光に鎮座されていたが、正保年中に祝融の災に罹り、社殿のすべてが烏有に帰し、其の後再建されることなく伊豆大権現の石宮を祀るのみであった。寛永16年(1639)伊達第二代藩主忠宗公は、家臣古内主膳重廣に伊豆野原の野谷地を賜り、その開拓を命ぜられた。伊豆野原を拝領した古内主膳は、伊達藩の土木技術者であった川村孫兵衛元吉に伊豆野原開拓工事の設計を依頼、正保元年(1644)工事に着手、三年の難工事の末、伊豆野堰の完成をみた。伊豆野堰開削によって、伊豆野原開拓に成功した領主古内主膳は、明暦3年(1658)に至って社殿を造営し、水下十五ヶ村の守護神として此の地に遷座した。明治22年4月、市町村制の施行により、姫郷村、白幡村、梅崎村の三ヶ村を合併し、この由緒ある社名を唱えて志波姫村とした。町名ゆかりの神社である。平成4年10月27日、志波姫神社本殿(素木造・一間社流れ造り・目板葺)が江戸時代初期の建築様式を伝えるものとして、宮城県指定有形文化財に指定された。 志波姫町教育委員会 」とあります。

志波姫神社の創建は不詳ですが奈良時代の神亀年間(724〜729年)から天平年間(729〜749年)に勧請されたのが始まりと伝えられています。平安時代の延暦年間(796〜801年)に征夷大将軍の坂上田村麻呂が蝦夷東征で当地まで進軍した際、戦勝祈願が行われ、貞観元年(859)には従四位下に列しています。延長5年(927)に編纂された全国の有力神社が列記されている延喜式神名帳には格式の高い名神大社として記載され志波姫神社が当時から格式のある神社だったと認識されていた事が窺えます。正保年間(1644〜1648年)に火災により焼失し荒廃しましたが、伊豆野堰を開削した古内主膳重廣(仙台藩2代藩主伊達忠宗に重用され、藩の奉行として諸侯並みの1万6千石を領した。)が当地(水下10ケ村)の守護神として明暦3年(1657)に現在地に遷座し明暦3年(1658)に社殿を造営しています。その後、地名から「伊豆権現社」と称していましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏教色が排され、旧社号である志波姫神社に復し明治8年(1875)に村社に列し、大正12年(1923)に神饌幣帛料供進社に指定されています。祭神:木花開耶姫命 。合祀:倉稻魂命、應神天皇、素盞嗚尊、菊理姫命、伊弉册命、大日靈命、軻遇突智命、倭姫命。
  スポンサーリンク
 

志波姫神社
志波姫神社
[ 付近地図: 宮城県栗原市築館 ]・[ 栗原市築館:歴史・観光・見所 ]・[ 宮城県:神社 ]
志波姫神社 志波姫神社 志波姫神社 志波姫神社
宮城県:歴史・観光・見所(ホーム)

宮城県町並み・歴史建築見所ナビ: 
|大崎市:古川| 大崎市:岩出山| 大崎市:松山| 栗原市:築館| 栗原市:金成| 仙台市| 白石市| 角田市| 刈田郡七ヶ宿町| 柴田郡柴田町| 松島町観光|
|村田町| 大河原町| 登米市| 登米町| 丸森町| 気仙沼市| 岩沼市| 石巻市| 亘理町| 涌谷町| 多賀城市| 名取市| 古民家住宅|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。