丸森町: 金山神社

  宮城県:歴史・観光・見所丸森町:歴史・観光・見所>金山神社

概要・歴史・観光・見所
金山神社(丸森町)概要: 金山神社は金山城(要害)の中腹に鎮座している神社で、大正5年(1916)に神明社と八幡神社、天神社を合祀し創建しました。神明社は江戸時代初期の元和2年(1616)に金山城の城主中島家により伊勢神宮内宮(三重県伊勢市)から分霊を勧請し創建した神社で、明治時代初頭に発令された神仏分離令を経て明治8年(1875)に村社に列していました。八幡神社の創建は不詳ですが中島家の氏神だったとされる神社です。天神社は中島家が北野天満宮(京都府京都市上京区馬喰町)から分霊を勧請し創建され、神明社と同様に明治8年(1875)に村社に列していました。

金山神社拝殿は木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、桁行5間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り板張り。境内には御神体とも思われる巨石があり、周囲に石祠や小堂のようなものもあり信仰の対象になっているようです。祭神:天照皇大神(神明社)、譽田別尊(八幡神社)、菅原道真(天神社)。

金山神社:写真

金山神社
[ 付近地図:宮城県丸森町 ]・[ 丸森町:歴史 ]・[ 宮城県:神社 ]
金山神社 金山神社 金山神社 金山神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。