岩沼市: 八島家住宅(旧検断屋敷)

  宮城県:歴史・観光・見所岩沼市:歴史・観光・見所>八島家住宅(旧検断屋敷)

概要・歴史・観光・見所
八島家住宅(旧検断屋敷)概要: 八島家住宅は案内板によると「八島家はもと奥州街道の岩沼宿本陣と南町検断を兼ねた家である。本陣は、他藩の大名や幕府の役人が宿をとり、仙台藩主の伊達氏が宿泊または昼食をとるときは、御休所と呼ばれた。」とあります。旧街道側には変形な楼門形式の長屋門が現存(年代不明、切妻、桟瓦葺、三間一戸、上層部は格子戸、下層部は真壁造り鏝押え、腰壁は下見板張り縦押縁押え、両側の長屋から桁が伸び、出桁造りのように2階が乗っている特異な形式が採用されています。)していて両側が長屋として使われています。このような形式の門は極めて珍しく初めて見るタイプです。特に文化財指定はされていないようですが、敷地内に残されている文庫蔵と共に岩沼の歴史性や町並み保全の為にも長く保存してもらいたい建物の1つです。

八島家住宅(旧検断屋敷):写真

八島家住宅(旧検断屋敷)
[ 付近地図:宮城県岩沼市 ]・[ 岩沼市:歴史 ]・[ 宮城県:古民家 ]
八島家住宅(旧検断屋敷) 八島家住宅(旧検断屋敷) 八島家住宅(旧検断屋敷) 八島家住宅(旧検断屋敷)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。