亘理町 :大雄寺

  宮城県:歴史・観光・見所亘理町・観光>大雄寺
亘理町・観光
 ・ 大雄寺
 ・ 称名寺
 ・ 亘理城跡
 ・ 鹿嶋天足和気神社
 ・ 永田醸造
 ・ 亘理神社
 ・ 安福河伯神社
 ・ 鹿島緒名太神社
 ・ 
宮城県国宝
 ・ 大崎八幡宮
 ・ 瑞巌寺
 ・ 
国指定文化財
 ・ 五大堂
 ・ 陸奥国分寺
 ・ 高蔵寺阿弥陀堂
 ・ 仙台東照宮
 ・ 旧佐藤家住宅
 ・ 洞口家住宅
 ・ 旧中澤家住宅
 ・ 旧登米尋常小学校
 ・ 圓通院霊屋
 ・ 塩釜神社
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
亘理町・観光・歴史・名所
大雄寺(亘理町)概要: 大雄寺の創建は亘理の初代領主伊達成実(伊達実元嫡男、伊達政宗の従兄弟)が慶長9年(1604)に福島県信夫郡小倉村にあった陽林寺(伊達実元の菩提寺、永正11年:1514年、伊達植宗開基、盛南舜籍大和尚開創、喜庵祥悦大和尚勧請開山)を亘理城の城下へ移し、父親である伊達実元の戒名「独照院殿雄山豪英大居士」に因み萬松山雄山寺と称したのが始まりとされ、その後、伊達成実の戒名「雄山寺殿久山天昌大居士」に因み大雄寺と寺号を改め、亘理伊達家代々の菩提寺としました。元文元年(1736)火災により本堂や山門など焼失し、創建当初建てられた大規模な伽藍は大幅に縮小されたとされます。現在、残っている山門は文政年間(1818〜1830年)の建築、三間一戸、入母屋、瓦葺、楼門形式で、意匠的には素朴ですが、風雪に耐えた歴史を感じる事が出来、亘理町指定文化財に指定されています。本堂は明治30年(1897)の改築で、入母屋、銅板葺、正面千鳥破風、平入、桁行10間、正面1間軒唐破風向拝付、山門とは異なり向拝の千鳥に唐破風や組物、彫刻などを設えた凝った造りになっています。又、境内には代々の亘理伊達家の御霊屋や墓碑があり、三棟の御霊屋は右から成実、実元、実氏と並び、成実の御霊屋は正保3年(1646)に彼の死後まもなく建てられたと推定されています。御霊屋は一間四方の宝形造で、内部に位牌と木像(宮城県指定有形文化財)が安置され、伊達領内に残る江戸時代初期の霊屋建築を知る上で貴重なもので宮城県指定有形文化財に指定されています。実元の御霊屋は成実の父親ですが没後250周忌にあたる天保7年(1836)に建てられました。実氏の御霊屋は亘理伊達家の中興の祖と言われる名君でその偉業から江戸中期に建立されました。両氏の御霊屋は昭和49年(1974)に、隣接する亘理歴代領主墓地は昭和54年(1979)にそれぞれ亘理町指定文化財に指定されています。宗派:曹洞宗。
大雄寺
大雄寺
[ 付近地図: 宮城県亘理町 ]・[ 亘理町:歴史・観光・見所 ]・[ 宮城県:寺院 ]
大雄寺 大雄寺 大雄寺 大雄寺
宮城県:歴史・観光・見所(ホーム)

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。