登米町: 鈴彦商店

  宮城県:歴史・観光・見所登米町・観光>鈴彦商店

概要・歴史・観光・見所
鈴彦商店(登米町)概要: 鈴彦商店の創業は江戸時代に遡ると言われ明治時代に入ってから味噌、醤油などの醸造業を営み、戦後は薬品を中心に多角経営するに至りました。醸造業は昭和34年(1959)にヤマカノ醸造として分離し登米町に留まり当時の威容を誇っています。本店の店蔵は2階建の土蔵造り寄棟、瓦葺の建物で、脇には土蔵と棟門を備え持つ、旧仙台藩(藩庁:仙台城)領で見られる典型的な豪商の町屋す。本店から離れた登米神社附近には多くの醸造蔵(写真右から1・2枚目)が建ち並び登米町の町並みの一環を担っています。

鈴彦商店:写真

鈴彦商店
[ 付近地図: 宮城県登米市登米町 ]・[ 登米町:歴史・観光・見所 ]
鈴彦商店 鈴彦商店 鈴彦商店 鈴彦商店

スポンサーサイト

鈴彦商店(登米町)周辺・観光
高等尋常小学校 旧登米警察署庁舎
旧水沢県庁庁舎 登米要害
鈴木家住宅(武家) 熊谷家住宅(武家)
亀井家住宅(武家) 鈴木歯科(武家)
清野家住宅(武家) 鈴彦商店(町屋)
海老喜(町屋) 登米神社
子育神社 覚乗寺高台院霊屋
養雲寺 龍源寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。