登米町: 熊谷家住宅(伝:寺池城搦手門)

  宮城県:歴史・観光・見所登米町・観光>熊谷家住宅(伝:寺池城搦手門)

概要・歴史・観光・見所
熊谷家住宅(登米町)概要: 熊谷家の表門は案内板によると「中世の豪族、葛西氏居館の裏門を移したもので、江戸時代初期以前のものと伝えられる。四脚門の変形か薬医門に似ており、もとは茅葺、、素朴で安定した古風な門ながら堅実な建築で、昔日の威容を偲ぶことができる。」とあります。

熊谷家表門は切妻、銅板葺き、三間一戸、潜戸付、外壁部は真壁造白漆喰仕上げ、案内板には四脚門の変形、又は薬医門としていますが、構造的には八脚の単層門に近い印象を受けます。門の間口の広さからいうと登米町の中では最大級で、当時は分かりませんが門扉がなく、実用的というよりは権威的な存在に感じます。熊谷家の表門は寺池城の数少ない遺構として貴重な事から名称「伝寺池城搦手門」として昭和51年(1976)5月27日に登米市(旧登米町)指定文化財(建造物)に指定されています。

熊谷家住宅:写真

熊谷家住宅
[ 付近地図: 宮城県登米市登米町 ]・[ 登米町:歴史・観光・見所 ]

スポンサーサイト

熊谷家住宅(登米町)周辺・観光
高等尋常小学校 旧登米警察署庁舎
旧水沢県庁庁舎 登米要害
鈴木家住宅(武家) 熊谷家住宅(武家)
亀井家住宅(武家) 鈴木歯科(武家)
清野家住宅(武家) 鈴彦商店(町屋)
海老喜(町屋) 登米神社
子育神社 覚乗寺高台院霊屋
養雲寺 龍源寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。