仙台市: 坪沼八幡神社

  宮城県:歴史・観光・見所仙台市・観光>坪沼八幡神社

概要・歴史・観光・見所
坪沼八幡神社(仙台市)概要: 坪沼八幡神社は宮城県仙台市太白区坪沼八幡神社(仙台市)坪沼字館前東に鎮座している神社で、平安時代後期に発生した前九年合戦(永承6年:1051年から康平5年:1062年の期間に行われた奥州の争乱。俘囚長だった安倍氏が朝廷に対して反乱を試み、鎮守府将軍に就任した源頼義が乱の鎮圧を図った。)の根添城攻防古戦場跡に建てられています。根添城は俘囚の長である安倍氏の拠点の1つで、丘陵を本丸、2の丸、3の丸の三段の平地を造り、南方を外堀、西北が断崖となっている要害な城でした。源頼義、義家親子も苦戦が続き、なかなか根添城を落す事が困難で、八幡菩薩に戦勝祈願したところ、ついに城は落城し安倍軍を追い払う事が出来た事から、頼義は神意に感謝し、城跡に石清水八幡宮(旧男山八幡宮:京都府八幡市)から分霊を勧請して八幡神社を創建したと伝えられています。その後、周囲の人達からも信仰されるようになり、仙台市内にある八幡神社の中で最も古い歴史を持っていると言われています。古くから神仏習合し赤石山圓通寺頼光院(宗派:天台宗)が別当寺院として祭祀を司っていましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏教色が一掃され、明治5年(1872)に村社に列し、明治44年(1911)に神饌幣帛料供進神社に指定されています。

坪沼八幡神社拝殿は入母屋、銅板葺、平入、桁行3間、梁間2間半、坪沼八幡神社(仙台市)正面1間向拝付、外壁は真壁造り板張り。本殿は一間社流造、銅板葺、外壁は真壁造り板張り。境内には神社山門(長床:寄棟、桟瓦葺き、三間一戸、八脚単層門)や鐘楼(切妻、鉄板葺、高欄付、梵鐘は初代のものは太平洋戦争により供出し、現在は2代目)、別宮として延命地蔵や、薬師如来、三宝荒神、不動明王などが見られ、神仏混合の名残が感じられ古社の雰囲気があります。毎年4月15日は例大祭では神輿渡御が行われ、町内を練り歩きます。祭神:応神天皇、神功皇后、仲哀天皇、武内宿禰。

坪沼八幡神社:写真

坪沼八幡神社
[ 付近地図:宮城県仙台市 ]・[ 仙台市:歴史 ]・[ 宮城県:神社 ]
坪沼八幡神社 坪沼八幡神社 坪沼八幡神社 坪沼八幡神社

坪沼八幡神社(仙台市)周辺・観光
阿弥陀寺 准胝観音堂
毘沙門堂 仏眼寺
旧伊達邸 延寿院
旧万寿院殿 北山羽黒神社
白山神社 坪沼八幡神社
旧第四連隊兵舎 旧石垣家住宅
定義如来 壽徳寺
陸奥国分寺 孝勝寺
松音寺 大崎八幡宮
冷源寺 輪王寺
秋保不動尊 清浄光院
旧浄眼院殿 仙岳院
荘厳寺 稱念寺
中原浄水場 諏訪神社
昌繁寺 正楽寺
旧藩校養賢堂 善導寺
秋保大滝 榴岡天満宮
仙台東照宮 宇那禰神社
磊々峡(秋保温泉) 仙台城(青葉城)
瑞鳳殿 瑞鳳寺
庄子屋醤油店 愛宕神社
大満寺 亀岡八幡宮
三居沢発電所 三居沢不動尊
茂ケ崎城 作並温泉

宮城県:神社山門
祇園八坂神社 羽黒神社
白山神社 大崎八幡宮
榴岡天満宮 仙台東照宮
愛宕神社 坪沼八幡神社
諏訪神社 宇那禰神社
八幡神社 斗蔵神社
拆石神社 八雲神社
妙見宮 上沼八幡神社
登米神社 佐倍乃神社
熊野那智神社 多賀神社
増田神社 竹駒神社
和渕神社 白鳥神社
龍口神社 塩釜神社
吉岡八幡神社 須岐神社
志波彦神社 神明社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。