仙台市: 延寿院

  宮城県:歴史・観光・見所仙台市・観光>延寿院
仙台市・観光
 ・ 阿弥陀寺
 ・ 準胝阿弥陀堂
 ・ 毘沙門堂
 ・ 仏眼寺
 ・ 旧伊達邸
 ・ 延寿院
 ・ 旧万寿院殿
 ・ 北山羽黒神社
 ・ 白山神社
 ・ 坪沼八幡神社
 ・ 旧第四連隊兵舎
 ・ 旧石垣家住宅
 ・ 定義如来
 ・ 壽徳寺
 ・ 陸奥国分寺
 ・ 孝勝寺
 ・ 松音寺
 ・ 大崎八幡宮
 ・ 冷源寺
 ・ 輪王寺
 ・ 秋保不動尊
 ・ 荘厳寺
 ・ 正楽寺
 ・ 旧藩校養賢堂
 ・ 秋保大滝
 ・ 榴岡天満宮
 ・ 善導寺
 ・ 仙台東照宮
 ・ 宇那禰神社
 ・ 庄子屋醤油店
 ・ 磊々峡(秋保温泉)
 ・ 仙台城(青葉城)
 ・ 愛宕神社
 ・ 亀岡八幡宮
 ・ 三居沢発電所
 ・ 三居沢不動尊
 ・ 茂ケ崎城
 ・ 瑞鳳殿
 ・ 瑞鳳寺
仙台市・観光・歴史・名所
延寿院概要: 延寿院の創建は万治3年 (1660)に東照宮の別当である仙岳院の傍院として建立され、本尊は阿弥陀如来像で寺領は35石を領していました。文政元年(1818)5月に火災により焼失し、仙岳院15世により文久元年(1861)再建し、浄円房大権現を本尊と共に祀る事になります。浄円房は韋駄天のような足を持ち、師が死の床に付いた時、好物の最上の豆腐を求めると、すぐさま最上までの往復を走り抜き、生涯で羽黒山まで238回往復し78歳で入寂しました。現在でもその霊験をあやかり、足の病気などを治す力があるとされています。本堂(仙台市指定文化財登録)は桁行三間、梁行二間、入母屋、棧瓦葺で一間の向拝が付き、内部の天井は格天井となっていて様々な草花が描かれています。地蔵堂は、慶応2年(1867)に建立され、二間×三間の小堂で切妻、桟瓦葺で内部に延命地蔵菩薩を祀っています。境内には鳥居があり神仏混合の名残を見せ、浄円房が羽黒山から持ち帰ったという「疣神尊」が祀られています。
  スポンサーリンク
 
延寿院
延寿院
[ 付近地図: 宮城県仙台市 ]・[ 仙台市:歴史・観光・見所 ]・[ 宮城県:寺院 ]
延寿院 延寿院 延寿院 延寿院
宮城県:歴史・観光・見所(ホーム)

宮城県町並み・歴史建築見所ナビ: 
|大崎市:古川| 大崎市:岩出山| 大崎市:松山| 栗原市:築館| 栗原市:金成| 仙台市| 白石市| 角田市| 刈田郡七ヶ宿町| 柴田郡柴田町| 松島町観光|
|村田町| 大河原町| 登米市| 登米町| 丸森町| 気仙沼市| 岩沼市| 石巻市| 亘理町| 涌谷町| 多賀城市| 名取市| 古民家住宅|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。