村田町: 白鳥神社

  宮城県:歴史・観光・見所柴田郡村田町・観光>白鳥神社

概要・歴史・観光・見所
白鳥神社(村田町)概要: 白鳥神社は宮城県柴田郡村田町大字村田字白鳥神社(村田町)七小路に鎮座する神社です。白鳥神社の境内は古来、日本武尊(第12代景行天皇皇子)が東夷東征の際、陣を構えた地とされ、景行天皇43年日(113)に日本武尊が死去した事を偲んで景行53年(123)に御霊を勧請したのが始まりと云われています。平安時代後期の弘仁3年(812)に弘法大師空海(真言宗開祖)がこの地を訪れ境内に定龍寺を開山し、本尊(本地仏)となる十一面観音像を安置、以降神仏習合します(天保12年:1841年に焼失)。前九年合戦(平安時代後期に奥州の豪族である安倍氏が越した反乱。)平定の折、康平5年(1062)に源頼義、義家が戦勝祈願し奉じた義家の寄進状が残されています。同時に義家には戦局が苦しくなった時、大蛇に姿を変えた境内の大藤(奥州の蛇藤)に助けられたという伝説も伝わっています。承暦2年(1076)には陸奥国司の命により社殿が造営され、鎌倉時代初期の文治5年(1189)には源頼朝(初代鎌倉幕府将軍)が宝鏡と太刀を寄進し奥州藤原氏との戦いの戦勝祈願しています。南北朝時代の建武2年(1335)には南朝の有力武将で陸奥守だった北畠顕家が出陣の際に、白鳥神社で戦勝祈願を行い太刀を奉納しています。以来、村田氏、伊達氏、奥山氏、田村氏、芝多氏、片平氏と歴代の領主(村田城の城主)の崇敬の対象となり様々な奉納物を寄進されています。明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏教色は一掃され、現在の「白鳥神社」に社号を改め、明治2年(1869)に村社、大正3年(1914)に郷社に列しています。

白鳥神社本殿は三間社流造、銅板葺き。拝殿は江戸時代中期の元禄元年(1688)に改修された古建築で、木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、桁行3間、張間2間、正面1間向拝付き。境内には「公孫樹(銀杏−高さ30m、根幹9.8m)」や「欅(高さ20m、根幹9.6m)」、「奥州の蛇藤」などの巨木があり白鳥神社の歴史を感じる事が出来ます。社宝が多く「源義家自筆太刀寄進状」と「定龍寺縁起説全二巻」が村田町指定文化財、境内が村田町指定史跡に、「フジ・ケヤキ・イチョウ・シラカシ」が村田町指定天然記念物に昭和44年(1969)にそれぞれ指定されています。祭神:日本武尊。

白鳥神社:写真

白鳥神社
[ 付近地図: 宮城県柴田郡村田町 ]・[ 柴田郡村田町:歴史・観光・見所 ]
白鳥神社 白鳥神社 白鳥神社 白鳥神社
白鳥神社 白鳥神社 白鳥神社 白鳥神社

スポンサーサイト

白鳥神社(村田町)周辺・観光
願勝寺 龍島院
白鳥神社 旧田山家住宅
六角地蔵 村田城跡
旧八巻家住宅 不動尊
姥ヶ懐集落


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。