村田町: 願勝寺

  宮城県:歴史・観光・見所柴田郡村田町・観光>願勝寺

概要・歴史・観光・見所
願勝寺(村田町)概要: 願勝寺は明治3年(1870)に大火で焼失した為、廃城となった村田城(所)を明治4年(1871)に払い下げを受け、二の丸跡地は移りました。しかし、大正11年(1922)に村田第一小学校拡張工事の為、立ち退きを余儀なくされ、現在地へ再度移る事になります。その際、旧村田城(所)の大手門も一緒に移設しました。大手門の建築年代は不明ですが、江戸時代末期の慶応2年(1866)に書かれた「居屋敷並家中屋敷絵図図面」には大手門が描かれていている事から、それ以前に建てられたものだと推察されています。大きさは幅は3間半、奥行1間1尺で城門時代は萱葺だったようです。村田城の唯一の遺構として昭和44年(1969)に村田町指定史跡に指定されています。又、境内には小所化(武士)と大沼美都(商人の娘)との身分が異ることで、恋が実らず心中した2人を弔った「恋塚」があります。宗派:真宗大谷派。

願勝寺:写真

願勝寺
[ 付近地図: 宮城県柴田郡村田町 ]・[ 柴田郡村田町:歴史・観光・見所 ]
願勝寺 願勝寺 願勝寺 願勝寺

スポンサーサイト

願勝寺(村田町)周辺・観光
願勝寺 龍島院
白鳥神社 旧田山家住宅
六角地蔵 村田城跡
旧八巻家住宅 不動尊
姥ヶ懐集落


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。