大崎市岩出山: 鍋倉山八幡神社

  宮城県:歴史・観光・見所大崎市:岩出山・観光>鍋倉山八幡神社

概要・歴史・観光・見所
鍋倉山八幡神社(大崎市岩出山)概要: 鍋倉山八幡神社は平安時代後期の永承6年(1051)から康平5年(1062)に発生した奥州の動乱である前九年合戦の折、源義家が当地まで進軍し、戦勝祈願する為、京都の石清水八幡宮(京都府八幡市八幡高坊)の分霊を勧請した事が始まりと伝えられています。中世はこの周辺地域を支配した大崎氏(名生城の城主、奥州探題)から庇護されますが、天正18年(1590)、豊臣秀吉の小田原の陣に参加しなかった為、大崎氏は改易され、代わって、米沢城(山形県米沢市)から岩出山城に移封となった伊達政宗の崇敬社となりました。政宗は豊臣秀吉の奥州仕置きの不満から発生した葛西大崎一揆の際に戦勝を祈願し、念願かない一揆を鎮圧出来た事から、社殿の造営と社領30石を寄進しました。政宗が仙台へ移った後も岩出山には4男の伊達宗泰が入り、代々伊達家が祭事を行ったとされます。明治初頭の神仏分離令により、岩出山城内にあった八幡平(伊達家の米沢時代の崇敬社である成島八幡神社の分霊を勧請し創建された神社。)を合祀し村社に列格し社殿を建替えましたが明治9年(1876)に長床(神社山門)や樹木などを火事で焼失、明治12年(1879)に郷社に列しています。

鍋倉山八幡神社境内には神仏混合の名残である鐘楼が残されています(元々は岩出山伊達家2代目当主伊達宗敏が藤原宗俊に鋳造させ奉納した梵鐘がありましたが、太平洋戦争の際に供出し、現在は昭和35年に鋳造された梵鐘が吊り下げれられています)。境内にある樅の木は源義家が討伐祈願と領内鎮護を祈願した際に4本の樅の木を植樹したという伝説が残る古木で、平成12年(2000)に大崎市(旧岩出山町)指定天然記念物に指定されています。祭神:応神天皇。配祀:軻遇突智命、天照大神、宇賀魂命。

鍋倉山八幡神社:写真

鍋倉山八幡神社
[ 付近地図: 宮城県大崎市岩出山 ]・[ 大崎市岩出山:歴史・観光・見所 ]
鍋倉山八幡神社 鍋倉山八幡神社 鍋倉山八幡神社 鍋倉山八幡神社

スポンサーサイト

鍋倉山八幡神社(大崎市)周辺・観光
岩出山城 有備館
鍋倉山八幡神社 実相寺
阿部東庵記念館 松窓寺
旧千葉家住宅 森民酒造
天王寺 天王寺追分
伊達家霊廟 荒雄川神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。