石巻市: 龍口神社

  宮城県:歴史・観光・見所石巻市観光>龍口神社

概要・歴史・観光・見所
龍口神社(石巻市)概要: 龍口神社は案内板によると龍口神社(石巻市)「深谷前谷地旧記によると、江戸時代の初め頃、この村の百姓、七右衛門が柴刈りに龍ノ口山に登り休んでいたところ、夢枕に気品の高い老人が立ち、龍神宮として祀れば、守神となり幸福を授け、疫病を除き、安産を第一に守護するとのお告げを受け、七右衛門夫妻は「赤飯、神酒」を供えて、祭事を執り行ない祀ったのがはじまりと言い伝えられている。以来、五穀豊穣の神、安産の神として、氏子をはじめ近郊の崇敬者の信仰が厚く、明治5年3月には旧村社に列した。・・・(後略)河南町教育委員会」とあります。祭事の始まりは正保2年(1645)で、その後、元禄年間(1688〜1704)頃より秋の例祭が始まり、信仰が広まり参拝者が多くなってくると享保9年(1724)から春と秋の2度の例祭が行われるようになり、大鳥居(明和6年:1769年)、御坂石壇(天明2年:1782年)、一之鳥居(寛政4年:1792)と奉納され次第に境内が整備されました。龍口神社(石巻市)古くから神仏習合してきましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により、正式な神社となり明治5年(1872)に村社に列しています。当初は現在の社殿より高所の奥之院にある巨石を龍体(岩石)と称し、御神体として信仰した為に社殿は設けられず、大正8年(1919)にようやく社殿が造営されています。又、明治41年(1908)に合祀された石神社は延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に記載された式内社で、当時は格式が高い神社だったと思われますが、その後衰微したようです。

龍口神社社殿は入母屋、銅板葺、妻入、間口3間、奥行5間、正面1間軒唐破風向拝付。鳥居はかなり大きく江合川対岸からもはっきりとわかります。境内も広く神社山門(切妻、桟瓦葺、一間一戸、四脚門)など供え信仰の厚さが感じ取れます。祭神:豊玉彦命。配祀:火産靈命、磐長姫命、須佐之男命、誉田別命。合祀:宇迦之御魂神 。

龍口神社:写真

龍口神社
[ 付近地図:宮城県石巻市 ]・[ 石巻市:歴史 ]・[ 宮城県:神社 ]
龍口神社 龍口神社 龍口神社 龍口神社

スポンサーサイト

龍口神社(石巻市)周辺・観光
鹿島御児神社 零羊崎神社
鳥屋神社 箱崎八幡宮
和渕神社 日高見神社
白鳥神社 加茂小鋭神社
二俣神社 朝日山計仙麻
旭山観音堂 桃太郎神社
箱泉寺 龍口神社
齋藤家住宅 一皇子宮
梅渓寺 石巻城
旧石巻ハリストス 旧東北実業銀行
観慶丸商店

宮城県:神社山門
祇園八坂神社 羽黒神社
白山神社 大崎八幡宮
榴岡天満宮 仙台東照宮
愛宕神社 坪沼八幡神社
諏訪神社 宇那禰神社
八幡神社 斗蔵神社
拆石神社 八雲神社
妙見宮 上沼八幡神社
登米神社 佐倍乃神社
熊野那智神社 多賀神社
増田神社 竹駒神社
和渕神社 白鳥神社
龍口神社 塩釜神社
吉岡八幡神社 須岐神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。