大崎市古川: 瑞川寺

  宮城県:歴史・観光・見所大崎市:古川観光>瑞川寺
大崎市古川・観光
 ・ 古川小学校
 ・ 緒絶の橋
 ・ 旧橋平酒造店
 ・ 西宮神社
 ・ 古川城跡
 ・ 瑞川寺
 ・ 祇園八坂神社
 ・ 安国寺
 ・ 名生城
 ・ 小野小町の墓
 ・ 敷玉早御玉神社
 ・ 東鳴子温泉
 ・ 東鳴子温泉神社
 ・ 
宮城県国宝
 ・ 大崎八幡宮
 ・ 瑞巌寺
 ・ 
国指定文化財
 ・ 五大堂
 ・ 陸奥国分寺
 ・ 高蔵寺阿弥陀堂
 ・ 仙台東照宮
 ・ 旧佐藤家住宅
 ・ 洞口家住宅
 ・ 旧中澤家住宅
 ・ 旧登米尋常小学校
 ・ 圓通院霊屋
 ・ 塩釜神社
 ・ 
概要・観光・歴史・名所
瑞川寺(大崎市古川)概要: 曹源山瑞川寺の創建は明確ではないようですが、中世、大崎一帯を支配した大崎氏の庇護を受け、郡内第一と称されるほどだったとされます。しかし、戦国末期、永禄年間(1558〜1570年)の兵火や、天正18年(1590)に豊臣秀吉の小田原の陣へ大崎氏は参加しなかった事で改易され、その後起こった「大崎・葛西一揆」により戦災に巻き込まれ被災し、廃寺になりました。近世、大崎は伊達領となり古川城主となった鈴木和泉守元信が仙台の松音寺の六世松庵堅貞禅師を招いて中興開山とし堂宇を建立しました。鈴木宗良の代に桃生郡深谷に移封になった為庇護者を失い衰微しましたが、その後再興され、明和年間(1764〜1771)の火災後には寛政6年(1793)に再建を果たしています。現在、本堂の前にある山門は旧古川城の搦手門を鈴木氏が移築したといわれ、寺門風に改造したものです。案内板によると「・・・(前略)山門の規模は間口3.7間、奥行が2.4間で二階建てになっており、上下の構造を異にしながら古色彩然として、特有の風格に富んでいます。・・・(後略)」とあります。瑞川寺山門(楼門)は大崎市指定有形文化財となっています。本堂は安永6年(1777)に再建されたもので入母屋、銅板葺、平入、桁行8間半、梁間7間半、正面1間唐破風向拝付、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来像(伝:伝恵心僧都作)。
瑞川寺
瑞川寺
[ 付近地図: 宮城県大崎市古川 ]・[ 大崎市古川:歴史・観光・見所 ]
瑞川寺 瑞川寺 瑞川寺 瑞川寺
宮城県:歴史・観光・見所(ホーム)

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「宮城県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。